プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーの語源は、プリザーブ(preserve)「保存する」という意味の英語からきており、生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施すことによって、ナチュラルな姿や風合い、鮮やかな花色を長期間にわたって保つことのできる加工花のことです。
欧米諸国を中心に発展した新しい技術ですが、瞬く間に多くのお花好きを魅了し、アレンジメントの可能性を広げた花材として注目を集めています。

 

 

プリザーブドフラワーの誕生

プリザーブドフラワーを生み出したのはフランスのヴェルモント社です。
ヴェルモント社は、ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学との10年間にわたる共同研究の末、1987年に世界初のプリザーブドフラワーを発表。1991年には「長寿命の切花製法」として世界特許認定を取得しました。
「枯れることがない」という画期性と、豊富なカラーバリエーションがアレンジメントの可能性を拡げたことから、クリスチャン・トルチュ氏やケネス・ターナー氏などのヨーロッパの著名なフラワーアーティストが相次いで作品に取り入れ、あっというまにヨーロッパ全土に広まりました。

 

 

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワー水をあげる必要がなく、手間がかかりません。また、保管状況にもよりますが、数ヶ月〜数年と長期にわたって美しさを保つことができます。
保存できるという特徴から、都合に合わせて準備ができ、自分でブーケを手作りしたい花嫁にもぴったりです。
色のバリエーションも豊富で、生花には存在しない青いバラなどもあります。